FC2ブログ
HOME
スポンサードリンク

マニラ・ライトレール 1200形

フィリピン マニラ・ライトレール 1200形

[ マニラ・ライトレール 1200形 ]

1200形はLRT-1線の輸送力を増強するため
2006年に登場した電車です。

LRT-1線は直流電化のライトレールのため
路面電車のような車両が使用されていて
1200形も小型の連接車体を採用しています。

1200形は日本車輌と近畿車輛で
日車ブロック工法を使用して
製造されたステンレス車で、
2車体連接式の車両を2組連結した
4両編成で1つの列車になっています。

1200形は12編成が活躍中です。



054.png

[ フィリピンの鉄道図鑑 ]

 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

マニラ・ライトレール MRT-2線 2000系

フィリピン マニラ・ライトレール MRT-2線 2000系

[ マニラ・ライトレール MRT-2線 2000系 ]

2000系はMRT-2線の開業にあわせて
2003年に登場した直流用通勤形電車です。

この路線はフィリピン国鉄への乗り入れなどはなく
全線高架で独立した路線で
大き目の輸送力を確保するため線路は標準軌で
車体幅3200mm、車体長23.5mと
かなり大きな規格を採用しています。

車両は韓国の現代ロテム社製の
ビードレスステンレス車で
ドアは両開きドアが5ヶ所設置されています。

2000系は4両編成18本が導入され
MRT-2線のサントラン駅-レクト駅で活躍中です。



054.png

[ フィリピンの鉄道図鑑 ]

 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

フィリピン国鉄 キハ52形

フィリピン国鉄 キハ52形

[ フィリピン国鉄 キハ52形 ]

キハ52形は2011年に
JR東日本から譲渡された気動車です。

元は羽越本線や米坂線などで
使用されていた気動車で
7両がフィリピン国鉄に譲渡されました。

基本的に3両編成で運転されていましたが
最近は単行での運転もしているみたいです。



054.png

[ フィリピンの鉄道図鑑 ]

 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

フィリピン国鉄 203系

フィリピン国鉄 203系

[ フィリピン国鉄 203系 ]

203系はJR東日本から譲渡された元電車で
2012年に営業運転を開始した客車です。

フィリピン国鉄には10両編成4本が譲渡され
それを5両や4両編成に分割して
客車として使用されています。

車両はパンタグラフや電装品はそのままで
1編成あたり1両にサービス電源用の
発電機が車内に設置されています。

現在5両編成8本があるらしく
ラッシュ時の混雑緩和に活躍中です。



054.png

[ フィリピンの鉄道図鑑 ]

 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

フィリピン国鉄 DMR1

フィリピン国鉄 DMR1

[ フィリピン国鉄 DMR1 ]

DMR1は2009年に登場した通勤形気動車です。

韓国の現代ロテムで製造された
フィリピン国鉄初のステンレス車で
3両編成6本が導入されました。

座席はFRP製のロングシートですが
冷房がついた快適な車内になっていて、
登場時はステンレス地に
オレンジの帯を巻いたデザインでしたが
最近は車体全体が紺色に塗られています。



054.png

[ フィリピンの鉄道図鑑 ]

 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク















ブログパーツ アクセスランキング