FC2ブログ
HOME
スポンサードリンク

国鉄 103系3000番台 川越線


国鉄 103系3000番台 川越線

[ 国鉄 103系3000番台 川越線 ]

103系3000番台は川越線の電化にあわせて
1985年に登場した通勤形電車です。

72系を改造して103系とほぼ同じ車体になっていた
72系970番台にあまっていた
103系の機器をとりつけた電車で3両編成5本と
青梅線の103系を4両編成化するため
サハ103形3000番台の5両が改造されました。

JRになってからは冷房化され
青梅線に行ったサハ103形3000番台を連結して
4両編成化されて活躍し2005年に引退しました。

ちなみにほとんど原型が残っていないとはいえ
登場から50年にわたって長く活躍した電車になりました。



008.png
[ 国鉄の車両図鑑 ]

 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

[ 2020/07/03 18:00 ] 鉄道図鑑 国鉄 | TB(0) | CM(0)

国鉄 72系970番台 仙石線


国鉄 72系970番台 仙石線

[ 国鉄 72系970番台 仙石線 ]

72系970番台は72系のサービス改善のため
1974年に登場した通勤形電車です。

台車や台枠などは72系のままですが
車体や内装を103系と同じ見た目に大改造した電車で
寒冷地で使用することから半自動ドア機能が
採用されています。

72系970番台は20両ほどが改造され
仙石線で活躍していましたが
走行機器は昔ながらのつりかけ駆動のため
103系の余剰部品に交換して103系に編入されるかたちで
1986年までに形式消滅しました。



008.png
[ 国鉄の車両図鑑 ]

 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

[ 2020/07/02 18:00 ] 鉄道図鑑 国鉄 | TB(0) | CM(1)















ブログパーツ アクセスランキング