HOME
スポンサードリンク

タイ国有鉄道 KIHA58形

タイ国有鉄道 KIHA58形
[ タイ国有鉄道 KIHA58形 ]

KIHA58形は1997年にJR西日本から譲渡された
キハ58形急行形気動車です。

譲渡にあたって1000mmゲージへ
車輪の幅を変更されステップの取り付けなどの
改造が施されました。

KIHA58形は譲渡の翌年に開催された
アジア大会の輸送に大活躍しました。
しかし、元々けっこう老朽化していたのと
運転台の位置がタイの鉄道とは反対側にあって
運行しづらいなどの問題があったためあまり使用されず、
その後は一部の車両の車体長を短くするなどの
魔改造までしましたが
2005年にはほとんどの車両が引退してしまいました。

鉄道関係のニュースはこちら
[鉄道ニュースまとめ]

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

キハ58物語 [ 石井幸孝 ]



ビットコインで投げ銭できます。
CloudTip

★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

タイ国有鉄道 ASR形

タイ国有鉄道 ASR形
[ タイ国有鉄道 ASR形 ]

ASR形はタイ国鉄が航空会社などにシェアを取られていた
長距離路線へのテコ入れのため
1991年に導入した特急形気動車です。

利用者を航空会社からひっぺがすため
タイ国鉄としてはめずらしくお金をかけた仕様で
空気バネ台車を採用するなど頑張っています。
車両はイギリス製です。

しかし、なにぶんイギリス製なので
整備性はあまりよくなく使い勝手が悪かったのと
いくら乗り心地がよくなっても
在来線を走る気動車では航空会社には勝てないため
それほど量産されませんでした。

鉄道関係のニュースはこちら
[鉄道ニュースまとめ]

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

タイ国鉄4000キロの旅 [ 渡辺乙弘 ]



ビットコインで投げ銭できます。
CloudTip

★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

タイ国有鉄道 GE.4001形

タイ国有鉄道 GE4001形
[ タイ国有鉄道 GE.4001形 ]

GE.4001形はタイ国有鉄道が1964年に導入した
タイ国鉄初の電気式ディーゼル機関車です。

製造はアメリカのゼネラル・エレクトリック社製で
アメリカの古い機関車のような
愛嬌のある前面デザインをしています。

この機関車は愛嬌のある顔とは逆に
今までの液体式ディーゼル機関車をしのぐ
大パワーでしかも整備性もよかったため
登場からだいぶたっている現在でも活躍しています。

GE.4001形の成功で以降導入されたディーゼル機関車は
すべて電気式が採用されています。

鉄道関係のニュースはこちら
[鉄道ニュースまとめ]

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

セカンドライフトレイン ニッポン列車異国紀行 タイ編 ~メークローン線・東北線の旅~「走りつづけるメイド・イン・ジャパン」 / 鉄道



ビットコインで投げ銭できます。
CloudTip

★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

タイ国有鉄道 THN系

タイ国有鉄道THN系
[ タイ国有鉄道 THN系 ]

THN系はタイ国鉄の
近郊列車などに使用されている気動車。

東急車輛、日立製作所、日本車輌が製造しているので
頭文字をとってTHNと呼ばれている。

タイの鉄道は1000ミリのメーターゲージを
採用しているので車体の幅がちょっと狭い。
おかげでちょっとノッポな印象になっている。

車両は基本的に非冷房だが
冷房付きの2等車もある。

鉄道関係の動画はこちら
[鉄道動画まとめ]

鉄道関係のニュースはこちら
[鉄道ニュースまとめ]

セカンドライフトレイン ニッポン列車異国紀行 タイ編 ~メークローン線・東北線の旅~「走りつづけるメイド・イン・ジャパン」 / 鉄道



ビットコインで投げ銭できます。
CloudTip

★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク














ブログパーツ アクセスランキング