HOME
スポンサードリンク

京成電鉄の車両図鑑

特急形電車
   京成電鉄 AE形「スカイライナー」

   AE形
   

   京成電鉄 AE100形「シティライナー」

    AE100形
   (2016年引退)

   京成電鉄 初代AE形「スカイライナー」

   初代AE形
   (1993年引退)


   京成電鉄 3200形90番台「開運号」

   3200形90番台
   (2007年引退)

   京成電鉄 1600形「開運号」

   1600形
   (1967年引退)



通勤形電車
   京成電鉄 3050形

   3050形

   京成電鉄 3000形

   3000形(2代目)

   京成電鉄 3700形

   3700形



   京成電鉄 3600形

   3600形

   京成電鉄 3500形

   3500形

   京成電鉄 3400形

   3400形


   京成電鉄 3300形

   3300形
   (2015年引退)

   京成電鉄 初代3000形

   3000形
   (1995年引退)

   京成電鉄 2000形(2008編成)

   2000形
   (1987年引退)


   京成電鉄 200形

   200形
   (1970年代引退)

   京成電鉄 1000形

   1000形
   (1992年引退)


京成電鉄 ちはら台~京成上野(上り)/京成高砂~京成金町(往復) 千原線・千葉線・本線(3000形)/金町線(3500形)【Blu-ray】 [ (鉄道) ]




LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/10/17 13:14 ] 鉄道図鑑 京成電鉄 | TB(0) | CM(0)

京成電鉄 1000形

京成電鉄 1000形
[ 京成電鉄 1000形 ]

1000形は1988年に登場した通勤形電車です。
元は京急1000形ですが
京成電鉄の冷房化率を上げるためリースされました。

車両のカラーリングは京急時代のままですが、
前面の貫通扉に京成と同じ種別表示用の窓がとりつけられ
側面にある「KHK」の表示が「Keisei」に変更されています。

この1000形は4両編成2本を連結した8両編成で
1991年まで運行されました。
その後1編成は引退しましたが、
もう1編成は車体を青く塗られて千葉急行(今の京成千原線)
で1994年まで活躍しました。

関連リンク
京浜急行1000形[ 京急電鉄 初代1000形 ]


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2015/08/22 19:00 ] 鉄道図鑑 京成電鉄 | TB(0) | CM(0)

京成電鉄 2000形(2008編成)

京成電鉄 2000形(2008編成)
[ 京成電鉄 2000形(2008編成) ]

2000形は1948年に登場した通勤形電車です。
元は国鉄のモハ30形などの旧型国電を大改造した車両でしたが、
1957年に近代的な車体に更新されています。

一部の車両は新京成へ譲渡されたりもしましたが
2000形は長く活躍し1987年まで使用されていました。

LINEスタンプ用広告300×50


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2015/08/21 19:00 ] 鉄道図鑑 京成電鉄 | TB(0) | CM(0)

京成電鉄 1600形「開運号」

京成電鉄 1600形「開運号」

[ 京成電鉄 1600形「開運号」 ]

1600形は1953年に登場した特急形電車です。

湘南顔の前面とノーシル・ノーヘッダーになったことで
すっきりとしたデザインが特徴です。
車内は簡易リクライニングシートで
テレビが設置されていました。
これは京阪のテレビカーが登場するよりも早く
1600形が日本で初めてテレビを設置した電車になっています。

1600形は1958年には中間車両1両が増備され3両編成になり
1967年まで特急「開運号」で活躍しています。
特急から引退した1968年には車体をアルミ無塗装の
通勤タイプの車体に載せ換えて1981年まで活躍しています。

ちなみにこの車両が京成に最後まで残っていた
吊りかけ駆動の電車でした。



LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2015/08/20 19:00 ] 鉄道図鑑 京成電鉄 | TB(0) | CM(0)

京成電鉄 200形

京成電鉄 200形
[ 京成電鉄 200形 ]

200形は青砥-日暮里開業にあわせて
1931年に登場した通勤型電車です。

車両性能がなかなかのもので高速性能を重視し、
京成ではじめてドアエンジンを採用した
当時の京成で最先端の車両でした。

車両は片開き扉3ドアの当時一般的なスタイルですが
ドアの位置が非対称になっているのが特徴で
その後登場した増備車などもこのスタイルで登場しています。

1965年には車体が全金属製車体になり
京成電鉄で1970年代まで活躍していました。
京成電鉄引退後は新京成で1990年まで活躍しています。

引退した200形のうち1両が
宗吾車両基地で保存されています。

LINEスタンプ用広告300×50


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2015/08/19 19:00 ] 鉄道図鑑 京成電鉄 | TB(0) | CM(0)















ブログパーツ アクセスランキング