HOME
スポンサードリンク

京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道)の車両図鑑

   京都丹後鉄道 KTR8000形「タンゴディスカバリー」

   KTR8000形

   京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR700形「あかまつ」

   KTR700形

   京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR0001形「タンゴエクスプローラー」

   KTR0001形


   京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR700形・KTR800形

   KTR700形
   ・KTR800形

   京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) MF100形・MF200形

   MF100形
   ・MF200形

   北近畿タンゴ鉄道 KTR1000形・KTR2000形「レインボーリゾート」

   KTR1000形・KTR2000形
   (1996年引退)


ビコム ブルーレイ展望::北近畿タンゴ鉄道全線 西舞鶴~豊岡・宮津~福知山【Blu-ray】 [ (鉄道) ]




LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

北近畿タンゴ鉄道 KTR1000形・KTR2000形「レインボーリゾート」

北近畿タンゴ鉄道 KTR1000形・KTR2000形「レインボーリゾート」

[ 北近畿タンゴ鉄道 KTR1000形・KTR2000形「レインボーリゾート」 ]

KTR1000形・KTR2000形はKTR0001形の補完用として
1989年に登場した特急形気動車です。

元はJR西日本のキハ58とキハ28で
原型を留めた車両とキハ65形「エーデル」に似た
流線型の展望付きに改造された車両の
2両編成2本が登場しています。

KTR1000形・KTR2000形は2両編成から4両編成まで
需要にあわせて柔軟に編成を組み替えて運行され
活躍していましたが老朽化のため
KTR8000形に置き換えられるかたちで1996年に引退しています。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1

【送料無料】ビコム 北近畿タンゴ鉄道全線 西舞鶴~豊岡・宮津~福知山/鉄道[DVD]【返品種別A】



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) MF100形・MF200形

京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) MF100形・MF200形

[ 京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) MF100形・MF200形 ]

MF100形・MF200形は北近畿タンゴ鉄道が
宮福鉄道だった時代に宮福線開業にあわせて
1988年に登場した軽快気動車です。
一般車のMF100形4両と
イベント時にも使用できるMF200形2両が製造されました。

この車両は富士重工業のLE-DCシリーズの車両ですが
デザインはほかの三セク向け車両とは違って
スイスの山岳鉄道をイメージした
オリジナルデザインを採用しています。

車内は簡易リクライニング機能のついたクロスシートが
1+2に配置されている豪華な座席で
2008年からはリニューアルもされて現在も全車が活躍中です。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1

【宅配便通常送料390円・5,400円以上は送料0円】ローカル線の車窓vol.3 北近畿タンゴ鉄道 宮福線 福知山駅~宮津駅・ノーカット(DVD)



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR0001形「タンゴエクスプローラー」

京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR0001形「タンゴエクスプローラー」

[ 京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR0001形「タンゴエクスプローラー」 ]

KTR0001形は1990年に
北近畿タンゴ鉄道が導入した特急形気動車です。

第三セクター鉄道では初の
本格的なリゾート特急用車両で
富士重工業で3両編成2本が製造されました。

車内はハイデッカータイプで窓も大きく
景色がよく見えるように設計され
走行機器はキハ183系550番台をベースにしているので
走行性能も良く時速120キロで走ることができます。

KTR0001形は主に特急「タンゴエクスプローラー」に使用され
京都駅や新大阪駅と北近畿タンゴ鉄道線内を結んでいましたが
老朽化のため現在は1編成が部品取り車になり
もう1編成も臨時列車や予備車になっています。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR700形・KTR800形

京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR700形・KTR800形

[ 京都丹後鉄道(北近畿タンゴ鉄道) KTR700形・KTR800形 ]

KTR700形とKTR800形はJR西日本の宮津線の
北近畿タンゴ鉄道への転換にあわせて
1989年に登場した軽快気動車です。

この車両は軽快気動車ではありますが
車体長20メートルとかなり大型な車体で
トイレつきのKTR700形9両のほか
トイレ無しのKTR800形3両が富士重工業で製造されました。

車内は0系新幹線で使用されていた2人掛けシートを再利用した
豪華な座席の車両でしたが
一部の車両はロングシート化されたり
観光列車の「あかまつ」などに改造されています。

KTR700形とKTR800形は登場時のカラーリングのまま
運行されている車両は減ったものの
運行会社が京都丹後鉄道に変わった現在も
全車が活躍中です。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1

ビコム ブルーレイ展望::北近畿タンゴ鉄道全線 西舞鶴~豊岡・宮津~福知山【Blu-ray】 [ (鉄道) ]



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク














ブログパーツ アクセスランキング