HOME
スポンサードリンク

山陽電鉄、3000系が登場時のカラーリングで登場


「山陽電鉄の最古参車両、半世紀前の姿に復刻し走行」by 神戸新聞


来年に新型車両の6000系が登場するので
代わりに3000系が引退してしまうんですかね…
車体自体は劣化していなさそうなので
なんとか長く走り続けて欲しいです。
山陽電鉄 3000系 1次車
[ 山陽電鉄 3000系 1次車 ]

3000系は1964年から1971年まで導入されていた
山陽電鉄の通勤型電車です。

この形式はアルミ製の試作車両の1次車と
神戸高速鉄道東西線への
乗り入れ開始にともなう増備用の2次車、
利用者増にともなって導入された3次車があります。

ちなみに2次車、3次車はアルミ車体ではなく
鋼製車体になっています。
1次車のアルミ車体は無塗装ではなく
透明のラッカーを塗られていたりして
けっこう手の込んだ処理がされています。

3000系は見た目がほとんど同じの派生の形式がいくつかあり
5000系の登場までながく山陽電鉄の顔として走っており
現在もこの顔の車両ばっかり走っています。

LINEスタンプ用広告300×50


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2015/11/23 12:30 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/3768-c2a5007e
















ブログパーツ アクセスランキング