HOME
スポンサードリンク

阪急、箕面線用の3060編成が正雀へ

「阪急3060編成が正雀へ」
by railf.jp


箕面線で最後まで活躍していた3000系の
3060編成が19日に正雀工場へ回送されたそうです。

廃車回送らしいので
これで箕面線からは3000系がいなくなってしまい
あと残っているのは今津線ぐらいですかね。

阪急電鉄 3000系・3100系

[ 阪急電鉄 3000系・3100系 ]

3000系・3100系のうち3000系は
神戸線の架線電圧を1500Vへ昇圧するのにあわせて
1967年に登場した通勤型電車です。

基本的な性能は2000系などと同じで
3100系は宝塚線用に少し最高速度を落とした仕様で
3000系と同じ年に製造されました。

両車両とも登場時は非冷房で
前面方向幕もないシンプルなデザインでしたが
その後冷房化や方向幕の取り付けなどの改造をうけて
現在の顔になっています。

長らく神戸線、宝塚線で活躍し、
現在は支線での運用で活躍中ですが
老朽化のため徐々に数を減らしています。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1

Bトレインショーティー (限定)Bトレインショーティー 阪急電鉄3000系2両セット(阪急3000)



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/07/22 12:30 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(1)


2000系は優秀でした。

2000系列と3000系列の性能は全然違います。
2000系列は、回生制動をフル稼働した
定速度運転(阪急では惰行制御)ができます。
1500V昇圧時に回生ブレーキは無くなり
タダの抵抗制御で電制もない車両になってしまいました。

3000系は元々抵抗制御で1500V昇圧即時対応車で、
Mc車とM車を直列につなぎ1500V対応しました。
冷房改造時に兵魚装置を換装1C8M化されたのが、
現在の3000系列です。
[ 2016/07/24 00:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4231-83e55291
















ブログパーツ アクセスランキング