HOME
スポンサードリンク

JR九州、819系「DENCHA」を10月19日に営業運転開始へ

「蓄電池でも走る新型電車「DENCHA」、10月19日に営業運転開始 JR九州」

by 乗りものニュース


架線式蓄電池電車の819系が10月から
若松駅~折尾駅で営業運転を開始するそうです。

2017年からは本格的に導入されるほか
JR東日本にも耐寒耐雪バージョンが導入される予定で
この調子で非電化区間の蓄電池車化が広がるといいですね。

JR九州 819系「DENCHA」

[ JR九州 819系「DENCHA」 ]

819系は非電化区間の近代化などを目指して
2016年に登場した交流架線式蓄電池電車です。

817系をベースに製造された蓄電池車で
架線やブレーキ時に発生する電気を蓄電池に蓄えることで
非電化区間でもある程度の距離を走行することが可能です。

819系は今後増備され若松線で活躍する予定で、
819系に耐寒耐雪機能を強化して
JR東日本でEV-E801系として導入される予定になっています。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1

JR九州817系2000番台増結2両編成セット(動力無し) 【グリーンマックス・30518】「鉄道模型 Nゲージ GREENMAX」



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/08/25 12:30 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4302-b0310ce6
















ブログパーツ アクセスランキング