HOME
スポンサードリンク

名古屋鉄道 5000系(初代)

名古屋鉄道 5000系(初代)

[ 名古屋鉄道 5000系(初代) ]

初代5000系は名鉄初のカルダン駆動車として
1955年に登場した電車です。

車両は軽量化のためモノコック構造を採用した
丸みのある車体で
前面も丸みのある非貫通型になっています。

車内は戸袋窓部分のみロングシートになっていますが
それ以外は転換クロスシートになっています。

後に貫通型タイプの5200系や冷房付きの5500系が製造され
5000系グループは名鉄の主力車両として活躍していましたが、
車体構造の関係で冷房のない5000系と5200系は
サービス面で見劣りするようになったため
1987年までに全車が引退しています。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1

【送料無料】ビコム アーカイブBDシリーズ 名鉄は今 ~120年の軌跡を追って~/鉄道[Blu-ray]【返品種別A】



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/09/13 19:00 ] 鉄道図鑑 名古屋鉄道 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4344-cd738336
















ブログパーツ アクセスランキング