HOME
スポンサードリンク

名古屋鉄道 キハ8500系「北アルプス」

名古屋鉄道 キハ8500系「北アルプス」

[ 名古屋鉄道 キハ8500系「北アルプス」 ]

キハ8500系は老朽化したキハ8000系を置き換えるため
1991年に登場した特急形気動車です。

JR東海の高山本線に乗り入れるため
キハ85系と同じ走行機器を搭載し、
キハ85系と連結して運行することも可能になっています。

車体はキハ85系とは違って鋼製車体で
車内は回転リクライニングシートが設置されています。

キハ8500系は5両が製造され
神宮前駅から新鵜沼駅にある連絡線を通って
高山本線に乗り入れ、美濃太田駅でキハ85系と連結して
高山駅まで運行する特急「北アルプス」で活躍していましたが
利用者が減ってきたため2001年に引退しています。

引退した車両は会津鉄道に譲渡され2010年まで活躍し、
現在は2両がマレーシアのサバ州立鉄道に譲渡されています。

LINEスタンプ用広告300×50

LINE着せ替え広告1

名鉄キハ8500系 5両セット【マイクロエース・A7190】「鉄道模型 Nゲージ MICROACE」



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/09/14 19:00 ] 鉄道図鑑 名古屋鉄道 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4346-dc4cbd2f
















ブログパーツ アクセスランキング