HOME
スポンサードリンク

姫路市交通局 200形

姫路市交通局 200形

[ 姫路市交通局 200形 ]

200形は姫路市が運行するモノレールの開業にあわせて
1966年に登場した跨座式モノレール用車両です。

小田急の向ヶ丘遊園モノレール線と同じ
ロッキード式を採用した車両で
川崎航空機岐阜工場で片運転台の100形2両と
両運転台の200形2両が製造されました。

基本的に2両編成や3両編成で使用され
路線が休止される1974年まで活躍し、
現在は200形が手柄山駅だった場所に保存されています。

ちなみにこの路線ですが用地買収の関係で
姫路駅手前にあった仮駅と手柄山駅までを結ぶ
1.6キロのミニ路線として開業したものの
途中駅はビルの中に駅がある近未来的な仕様の
大将軍駅があるだけで利用者が少なく赤字が続いたため
1979年には廃線となりました。

モノレ-ルと新交通システム [ 佐藤信之 ]




LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4525-206eff18
















ブログパーツ アクセスランキング