HOME
スポンサードリンク

伊賀鉄道、忍者列車1編成を木材を使った内装に改造へ

「 忍者列車、木材内装で魅力向上を 伊賀鉄道と市 」
by 中日新聞


伊賀鉄道の魅力アップのため
忍者列車にラッピングされている1編成の車内を
三重県産の木材を使った内装に改造するそうです。

特に観光列車として使うとかではないのかな。
疲れてるときに木材の座席はちょっとつらそう。

伊賀鉄道 200系

[ 伊賀鉄道 200系 ]

200系は老朽化した車両を置き換えるため2005年に登場した通勤形電車です。

元々この路線は近鉄伊賀線で
近鉄から引き継いだ860系を使用していましたが
この車両を置き換えようにも
近鉄にはちょうど良い大きさの車両がなかったため
東急から1000系を譲渡してもらい200系として使用しています。

ちなみに先頭車化改造した方の顔には
近鉄のシリーズ21と同じ尾灯を使い
車内には京阪8000系や9000系で使われていた
クロスシートを片側の列にとりつけているので
東西大手私鉄の部品がごちゃごちゃに混じった面白い車両になっています。

200系は現在2両編成5本が活躍中です。

鉄路の旅 忍者列車でござる!伊賀鉄道の旅




LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/11/27 21:00 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4606-6abd1804
















ブログパーツ アクセスランキング