HOME
スポンサードリンク

大阪市交通局 中央線 6000形

大阪市交通局 中央線 6000形

[ 大阪市交通局 中央線 6000形 ]

6000形は中央線の大阪港駅-弁天町駅開業にあわせて
1961年に登場した通勤形電車です。

小田急の特急電車のようなカラーリングで登場した車両で
開業時はまだ利用者が少なかったため
高架区間で単行運転をおこなっていました。

6000形は5000形をベースに車体長を18mにした車両で
その後路線の延伸開業にあわせて
増備車の6100形を増結され活躍していましたが
固定編成ではなく扱いにくい車両だったため
1978年には全車中間車化改造されて
谷町線を走る50系の中間車両として1991年まで活躍しました。

万博前夜の大阪市営地下鉄 [ 荻野基 ]




LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/11/30 19:00 ] 鉄道図鑑 大阪市交通局 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4628-f083ba47
















ブログパーツ アクセスランキング