HOME
スポンサードリンク

大阪市交通局 御堂筋線 30系(アルミ車体)

大阪市交通局 御堂筋線 30系(アルミ車体)

[ 大阪市交通局 御堂筋線 30系(アルミ車体) ]

30系は地下鉄線の輸送力増強のため
1967年に登場した通勤形電車です。

この車両はセミステンレス車と
アルミ車の2種類が製造され
今まで走っていた17m3ドア車から20m4ドアになり
輸送力がかなり向上しています。

前面は非運転台側に
保安装置が設置されている関係で窓が小さく
左右非対称になった独特のデザインで
登場時は無塗装だったため
「シルバーカー」と宣伝されていました。

30系は御堂筋線に大量に導入され万博輸送で大活躍し
10系や21系に置き換えられる1993年まで使用され
その後も他線区に転属して2013年まで活躍しました。

LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/12/05 19:00 ] 鉄道図鑑 大阪市交通局 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4669-350d7d28
















ブログパーツ アクセスランキング