HOME
スポンサードリンク

大阪市交通局(大阪市電) 3000形

大阪市交通局(大阪市電) 3000形

[ 大阪市交通局(大阪市電) 3000形 ]

3000形は最初の和製PCCカーとして
1951年に登場した路面電車です。

アメリカのPCCカーを参考に試作された車両で
今までの路面電車とは違ってカルダン駆動を採用し、
弾性車輪というゴムをはさんだ車輪を使うことで
とても静かに走ることができます。
このため「無音電車」と呼ばれていました。

車内は弾性車輪への負担を減らすため
車両定員を減らせるセミクロスシートになっています。

3000形は1両のみ製造され1966年まで活躍しましたが
この車両で得たデータを元に3001形が量産化され
和製PCCカーの代表的な車両のひとつになっています。



LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/12/07 19:00 ] 鉄道図鑑 大阪市交通局 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4675-2ddd0bb0
















ブログパーツ アクセスランキング