HOME
スポンサードリンク

近鉄 12000系「スナックカー」

近鉄 12000系「スナックカー」

[ 近鉄 12000系「スナックカー」 ]

12000系は大阪万博開催に向けて
1967年に登場した特急形電車です。

東海道新幹線に対抗するため
リクライニングシートの採用や
ビュフェ営業をおこなう「スナックコーナー」を
設置するなどかなり豪華な車両で
2両編成10本が製造されました。

前面は方向板を種別等と一体化し
貫通幌をカバーで隠した独特のデザインで
このカバーで隠すスタイルや
狭いシートピッチでもリクライニング機能がついた
クロスシートは後の特急にも受け継がれています。

ちなみにスナックコーナーは
あまり利用されなかったため10年ほどで廃止され
その後50000系「しまかぜ」復活まで
車内での軽食サービスがなくなりました。

12000系はアーバンライナーが登場するまで
新幹線に対抗して名阪特急で主に活躍し
その後は汎用特急として使われていましたが
老朽化のため2000年まで全車が引退しています。



LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/12/13 19:00 ] 鉄道図鑑 近畿日本鉄道 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4692-40486c39
















ブログパーツ アクセスランキング