HOME
スポンサードリンク

大阪鉄道 デニ500形(近鉄 6601系)

大阪鉄道 デニ500形(近鉄 6601系)

[ 大阪鉄道 デニ500形(近鉄 6601系) ]

デニ500形は大阪鉄道(今の近鉄南大阪線)が
1928年に導入した電車です。

日本で初めて登場した車体長20mの大型車ですが
車体が沈むのを防ぐため
大枠がかなり頑丈に作られたほか
車体もリベットまみれで窓の小さいため
まるで装甲車両のような外観になっています。

デニ500形は大型車体を活かして
戦後の混乱期や行楽シーズンの混雑対応に大活躍し
近鉄になってからは6601系として
南大阪線で活躍していましたが老朽化のため
1975年に全車が引退しました。



LINEスタンプ電車用広告 LINE着せかえ用広告 LINEスタンプ戦車用広告 LINE着せかえ戦車用広告
グッズ用バーナー youtubeの広告01


★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2016/12/27 18:00 ] 鉄道図鑑 近畿日本鉄道 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4733-852fc09f
















ブログパーツ アクセスランキング