HOME
スポンサードリンク

韓国、高速列車SRTの揺れがひどいと問題に

「 韓国で期待を集めた新高速鉄道、「吐き気催すほど」の異常な揺れに乗客の不安拡大 」
by レコードチャイナ


運行開始から2ヶ月が経過した
高速列車SRTですが
揺れがひどいという苦情が
殺到しているそうです。

東大邱駅と釜山駅間で揺れが激しく
KTX-Iでは揺れが起きていないので車両の問題か、
東大邱駅と釜山駅間は建設時に
レールの締結装置が原因で
枕木にヒビが入ったことがあり
そこの補修箇所が
原因の揺れなのかもしれません。

まずは大きな事故が起こる前に
原因がわかるといいですね。

韓国 SR 130000形

[ 韓国 SR社 130000形 ]

130000形は水西平沢高速線の開業にあわせて
2016年に登場した高速鉄道用車両です。

車両はKTX-IIとほぼ同じ仕様で
10両編成10本が導入され
130000形のほかにKORAILからKTX-IIが
22編成リースされています。

130000形は水西平沢高速線から
京釜高速線や湖南高速線にも乗り入れていて
KTXよりも10%ほど安い運賃で運行されています。

>【中古】 韓国 鉄道の旅 KTXで拓く新しい韓国の旅 JTBキャンブックス/中島広(著者),山田俊英(著者) 【中古】afb




 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告

 グッズ用バーナー

 youtubeの広告01



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2017/02/09 12:30 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/4861-558ce439
















ブログパーツ アクセスランキング