HOME
スポンサードリンク

同和鉱業片上鉄道 キハ303

同和鉱業片上鉄道 キハ303

[ 同和鉱業片上鉄道 キハ303 ]

同和鉱業片上鉄道は柵原鉱山でとれた
硫化鉄鉱を片上港まで運搬するため
1923年に開業した鉄道です。

貨物がメインの鉄道だったため
PC枕木を使用するなど
近代的な設備の地方鉄道でしたが
鉱石輸送がトラックに切り替わり
旅客のみでは経営ができない状態に
陥ったため1991年に廃線となっています。

キハ303は貨物メインのこの鉄道で
細々と活躍していた気動車で
元々は鉄道省で使われていた
キハ41000形というガソリンカーでした。

1950年から1959年にかけて4両が導入され
4両のうちキハ303は
廃線になる1991年まで活躍し
現在は柵原ふれあい鉱山公園で
動態保存されています。



 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/5036-01890ae6
















ブログパーツ アクセスランキング