HOME
スポンサードリンク

国鉄・JR東日本 201系 中央本線

国鉄・JR東日本 201系 中央本線

[ 国鉄・JR東日本 201系 中央本線 ]

201系は次世代の省エネルギー電車として
1979年に登場した通勤形電車です。

201系は国鉄の電車では初めて
電機子チョッパ制御を採用したほか
回生ブレーキを搭載したことで
消費電力を抑えた省エネ電車として
登場しましたが電機子チョッパ制御は
製造コストが高いため103系のように
大量導入はおこなわれず
1018両のみの製造となっています。

車体は前面がライトや方向幕などを
ブラックフェイスで一体感をだしたデザインで
このデザインはその後登場する205系や
私鉄などでも流行しました。

201系は中央線快速や
京阪神緩行線に大量投入されたほか
中央・総武緩行線にも投入され
JRになってからも活躍していましたが
現在はJR西日本の大阪環状線などで
活躍するのみとなっています。



 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



ビットコインで投げ銭できます。
CloudTip

★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2017/05/09 18:00 ] 鉄道図鑑 国鉄 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/5124-4c766926
















ブログパーツ アクセスランキング