HOME
スポンサードリンク

京急、今年度は新1000形を36両新造

「 新1000形を36両新造 大師線地下化も継続 京急2017年度設備投資計画 」
by 乗りものニュース


京急が発表した2017年度の設備投資計画によると
金沢文庫駅などの駅舎やホームの改修・改築のほか
黄金町駅と追浜駅のホーム延伸、
大師線の地下化工事継続と
新1000形36両の新造が計画されているそうです。

何両編成が何本導入されるのかな。
この間京急に乗ったら800形がかなり減っていて
ちょっとさびしかったです。

京浜急行 新1000形(ステンレス車)

[ 京急電鉄 新1000形(ステンレス車) ]

新1000形は2002年に登場したアルミ車体の通勤形電車で
ステンレス車体の車両は新1000形の
マイナーチェンジ車として2005年に登場しました。

CSC_0350.jpg
[ 普通列車に使用中のステンレス車 ]

京急で初めてステンレス車体を採用した車両で
ファンからは「銀1000」や「銀様」と呼ばれています。
京浜急行 新1000形 前面
新1000形には4両、6両、8両編成があり、
なんでもこなす汎用車両で
京急線内のほか、都営浅草線や京成線内や
北総線など長距離に渡って活躍中です。

010.png
[ 京急電鉄の車両図鑑 ]

プラレール限定品 京急新1000形ステンレス車【RCP】




 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2017/05/12 20:00 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/5133-2cd1135a
















ブログパーツ アクセスランキング