HOME
スポンサードリンク

箱根登山鉄道、3100形が営業運転開始

「 箱根登山鉄道「アレグラ号」2両固定編成の営業運転始まる 」
by レスポンス


3000形アレグラ号の2両固定編成版の
3100形が15日から営業運転を
開始したそうです。

連結面側にある座席が
固定クロスシートで
隣の車両に座っている人と
向き合って座る形になるので
そこだけちょっと嫌だな…。

箱根登山鉄道 3000形「アレグラ号」

[ 箱根登山鉄道 3000形「アレグラ号」 ]

3000形は輸送力増強のため
2014年に登場した電車です。

箱根登山鉄道初のVVVFインバータ制御や
ステンレス車体を採用した車両で
車内は固定クロスシート、大きな窓が特徴です。

この車両は両運転台で単行運転可能ですが
2両編成で走っている既存の車両に増結するために
製造されたこともあり
基本的に他の列車と連結して運行しています。

3000形は2両製造され
ほかにも2両固定編成バージョンの
3100形1編成とともに活躍しています。

033a.png
[ 箱根登山鉄道の車両図鑑 ]


 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2017/05/19 12:30 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/5152-8b220ee2
















ブログパーツ アクセスランキング