HOME
スポンサードリンク

JR東日本、2019年に新幹線の新型試験車両を導入へ


「 次世代新幹線実現に向けた試験車両E956形「ALFA-X」新造 営業最高360km/hの可能性を検証へ JR東日本 」
by 乗りものニュース


あたらしい試験車両は
安全性の追求や
乗り心地の向上のほか
車体に雪がくっつきにくくする
構造などを採用するそうです。

これは札幌延伸に向けた車両なのかな。
最高速度は400キロを目指すそうです。
どんなカラーリングになるのか楽しみです。

JR東日本 E954形「FASTECH360」

[ JR東日本 E954形「FASTECH360」 ]

E954形は時速360キロ運転の実現を目指して
2005年に登場した新幹線です。

車両は前後で前面のデザインが違い
片方はシャープなデザインで
もう片方はずんぐりした
イルカのようなデザインになっています。

この車両の一番の特徴は空気抵抗増加装という
ブレーキを搭載していて
非常ブレーキをかけると車体の端から
黄色い板が飛び出ることで空気抵抗を上げることで
時速360キロでも4000mで
停止することが可能になっています。

この板はファンからネコミミと呼ばれて
萌えキャラまで登場するぐらい人気がでました
今のところ時速320キロでいいやってことで
その後登場したE5系には
ネコミミが取り付けられることはありませんでした…

E954形は4年ほど様々な試験運転をおこない
2009年に引退しています。
早々に解体されてしまい
現在は車両が残っていないのがちょっと残念です。

002.png
[ JR東日本の車両図鑑 ]

JR新幹線・特急全車両大図鑑 [ 原口隆行 ]




 LINEスタンプ電車用広告

 LINE着せかえ用広告

 LINEスタンプ戦車用広告

 LINE着せかえ戦車用広告



★★ブログランキング★★
鉄道コム

スポンサードリンク
[ 2017/07/05 12:30 ] 鉄道ニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizoinudou.blog.fc2.com/tb.php/5266-c42d6124
















ブログパーツ アクセスランキング